かなぺりー碇泊記 in Perth

ケアンズでの留学を経て西オーストラリアでのワーホリ中。かなぺりーの日々のコヱ

#145 ブリスベン-番外編その1

◼︎3/5(Sun)

 

チェックアウト後、再度街を少し歩いて、コーヒーテイクアウトして、フィジー人のタクシー運転手と楽しく会話しながら出発の2時間以上前に空港に着く。

空港内をしばし見学し、搭乗前にフォーを食べて、アデルの記事が載ってる今日付の新聞を買う。搭乗開始時刻の30分以上前に乗り口前に待機。
ここまでは完璧な一日だった。
あとは帰ってホストファミリーに感想を伝えるだけ…

f:id:shironekodow:20170306092657j:image
いざ搭乗せんと印刷したボーディングチケットを渡すと、エラー音が鳴った。
「これ今日のチケットじゃないですよ」
そう言われ、他の搭乗客が乗り終えるまで側で待ってろと言われる。え、いやな予感。


私は勘違いをしていた。行きのチェックインで、帰り分のチェックインも含んでるんだと思っていた。なぜならそのチケットに帰りの日付とバーコードが記載してあったから。

とりあえず大人しく待ってると、もう1人電車が遅れてチェックイン出来なかったという日本人女性が同じように私の横にはじかれた。
「待ってればとにかく最後にチェックインしてもらえると思うから大丈夫ですよ」と言われたので、ですよねと私もドキドキしつつ軽返事

 

そして愈々私たちの番だと思った矢先、搭乗口がゆっくりと閉まった。

「え?待って待って私たちも乗ります」
と言うと
「チェックインカウンターはもう終了しています。明日同じ時間に便があるのでそれに乗ってください」
とタイガーエアーのスタッフに冷ややかに告げられた。

 

完全にアウト。私のうっかりミス。痛恨。これを読んでバカじゃないのと言う人の声が容易に聞こえます。2時間も前に空港に着いたのにチェックインをしなかった私の凡ミス。
焦る私をよそに、着々とカウンターの片付けを始めるスタッフたち。
「急いで明日の便とろう!」とその女性に言われ、言われるがまま一緒に予約デスクに戻る。

 

この女性、在豪歴30年以上という50代の方。堪能な英語で私の代わりにデスクの人に掛け合い、明日の便の予約を手伝ってくれた。調べてもらったところ、なんと空席は残り2席!神様仏様。

 

しかも、昨日同じくアデルのコンサートに行ってたとのことで、昨日泊めてもらった友達の家にもう一泊できるか聞いてくださるとのこと。なんとご親切な!このときの安堵といったらなかった。
とりあえずそのお友達を夕方まで待とうということになり、空港に居ても仕方ないので再度街まで戻ることにした。


凡ミスはしたものの、どうにか明日の手配も整いほっとひと安心。しかし、このあと寝るまで苦笑いが止まらないことになることをこのときの私はまだ知る由もなかった。

 

続く。

#144 ブリスベン-ライブ編

◼︎3/4(Sat)

ついに私はgabba stadiumへ!

f:id:shironekodow:20170306092059j:image

f:id:shironekodow:20170306092104j:image

f:id:shironekodow:20170306092111j:image
アデルが乗ってると思われるヘリコプターが
上空をホバリングしてる。どこにとめんのかしら…


席はDブロックだけど、傾斜もあるし大画面もあるし、円形ステージだし、予想してたほど遠く感じない。腕をめいっぱい伸ばした位置に定規置いたらアデルの身長1cmくらいにはなるかな。笑
50代すぎのおば様方の両隣にちまっと挟まれる私。お二方とも標準体型でよかった。徐々に埋まっていくスタジアム

 f:id:shironekodow:20170306092121j:image

 f:id:shironekodow:20170306092124j:image

すごい人の数だ。ここにいるみんながチケットに最低1万は払ってると思うと…そしてその前に公共交通機関を使ったり飲み食いしたり宿泊したりグッズ買ったりしてると思うと…
アデル大明神の経済効果たるや言わんをや!
もちろん運営、設営、移動、保険、出るものも巨額だけどそれにしてもすごいよね。畏怖だよね。音楽のパワーっておそろしいね。

 

ちなみにツアーTシャツはめっちゃださかった。あんなこの瞬間しか着られないやつに$50以上も出せない

物販班もっとがんばれ。

 

開演は19時半。
19時を過ぎた頃からぐっと喧騒が増す。
どこからともなく歓声とウェーブの嵐。笑
そんなに何回もいいから。おば様方の間で1人恥ずかしい。笑

 

予定開演の30分を過ぎると、場内BGMが一曲終わる度に歓声が湧く。違うBGM流れる→終わる→湧く を延々繰り返す。
いいから。はよ出といで。

 

結局25分遅れの19:55スタート。
ライトが消え、スクリーンに映っていた両目が「Hello」と反響する音と一緒にゆっくりひらく。

f:id:shironekodow:20170306092240j:image

このときの会場の歓声、ぞくぞくした。一瞬泣きそうになったけどこらえた。ただでさえ遠くてよく見えないのに泣いたらもっと見えなくなるから。
泣いとる場合か。

 

25のアルバムを中心に、おなじみのヒット曲できれいにまとまったセットリストでした。
それにしても歌ったあとすぐ喋るし、喋ったあとすぐ歌うし、円形のキャットウォークをとにかくずんずん歩くし、終始ノンストップのど根性シンガーでした。

f:id:shironekodow:20170306092231j:image
ほんとなの、ほんとに歌う直前まで喋ってて、喋るの遮るために前奏流してるような感じ。ほっといたら延々と喋ってそう。でも相変わらず早口すぎて半分くらいしかわかんなかった。

 

本当は行くの嫌だけど毎日ジムでトレーニングしてるって言ってた。息が多少上がることはあっても声量と音程は全くブレない。かなりのスタミナである。この声を支えるあの大きい身体は、脂肪じゃなくて筋肉…?肥満かと思ってたけどマッチョだったのかおぬし…
大量の汗で顔がヌラヌラしてるのがモノクロの画面でもはっきり伝わってきた。ブロンズの彫刻みたいだった。

 

あと、これいいなあと思ったんだけど、基本みんな座って観るのね。後半になってようやく立ったり前の方走って行く若い子とか居たけど、MCのたびによっこいせとみんな座るし、私の周りは退場の際の拍手まで一切立たなかった。こっちの人々はライブのときあんまり立たないのかな。疲れるしね。でもその一方で尻汗がはんぱなかったよ。

 

書くのちょっと飽きてきたからとりあえず目ぼしい演出箇条書きにしておきます。インスタでAdeleaustraliaっていうアカウントあるから気になる方は見てみてね。
・大玉ころがし
・カラー紙吹雪
・花火
・スモーク
・メッセージ紙吹雪
キスカメラ
・Tシャツバズーカ
・シークレットくじ

・光のメッセージ(花火師さんありがとう的な)

 

こんな感じかな。Someone like youが最後で、歓声とともにあっさり退場して、アンコールもなし。さっぱりしてたけどキリの良い終わり方だった。21時半すぎに終了。

 

長岡祭りの帰りかな?って感じの人混みをかきわけかきわけ、ほどよいところで再度uberを使用。会場で配ってたプロモーションチラシのコードをいれたら、初回利用$20まで無料!というサービスにあやかれてホテルまで無料だった。嬉しい。

 

長い1日だった。楽しかった。
ほどよい疲労感とともに就寝。
この日はエレベーターの音気にならなかった。

#143 ブリスベン-観光編

◼︎3/3(Fri)-4(Sat)

 

もう若干遠い記憶になりつつありますが、先週金曜と土曜を振り返りたいと思います。

 

金曜は夜7時半頃ブリスベン空港に到着。
タクシーでホテルに向かう。
いいシートのいい車だったんだけど、そこはかとなく漂うワキガ臭と冷房設定10℃、ちょっと荒い運転が気になった。お値段$60

 

ホテルの隣にセブンイレブンがあり、地味に感動した。おにぎりはなかったけど、知ってるコンビニがあると急に安心する不思議。ていうかよく見たらそこらじゅうにセブンイレブンある。セブンイレブンすごい。
この日は明日に備えてさっさとご飯食べて早めに就寝。

f:id:shironekodow:20170306091502j:image

土曜は朝7時起床。
部屋がエスカレーターの真裏なので夜通し稼働するエスカレーターの音が気になり大して熟睡できず。シャワーを浴びて、朝ごはん探しにお散歩へ。

f:id:shironekodow:20170306091522j:image

久しぶりに見る高層ビルと高層ビルの谷間を歩く。ビーサンでペタペタ歩いて来たけど、こっちの人全然ビーサン履いてなくてなんだか急に恥ずかしくなる。

f:id:shironekodow:20170306091534j:image

なにやらおしゃれげなカフェで朝食をとり、川べりの方まで歩く。朝から日差しがきつくて汗ばむ。右を見ても左を見ても素敵なお店ばかりで目移り。

f:id:shironekodow:20170306091633j:image

セブンイレブンユニクロもある
アップルストアすごい重厚感ある

f:id:shironekodow:20170306091549j:image
とうきょうみたいだ!

 

途中本屋さんに寄る。陳列の仕方がよかった。じっくり眺めてたら瞬く間に時間がすぎる。日本で出版されてる本もいくつかあったけど、定価3500円くらいのが約2倍の$75とかで売られてた。

 f:id:shironekodow:20170306091602j:image

一旦ホテルに戻り、相変わらずガタガタうるさい部屋で昼まで仮眠。12時にシティホールで友達と待ち合わせをする。バッファローバーというところでランチを食べて、図書館と博物館を案内してもらう。

f:id:shironekodow:20170306091616j:image

f:id:shironekodow:20170306091717j:image

f:id:shironekodow:20170306091726j:image

f:id:shironekodow:20170306091738j:image

f:id:shironekodow:20170306091747j:image

その後カフェに寄り、学校や街やこれからの話に花を咲かせる。せっかくだからとuberでスタジアムまで一緒に来てくれた。なんて優しい子なのだ。ありがとうありがとう!

f:id:shironekodow:20170306091850j:image

f:id:shironekodow:20170306091901j:image
てか今回初めてuber利用したんだけど、これすごい。知ってる?このサービス。知らない人はググってみてね。タクシー業界はひやひやしてるのかな。それともタクシー業界も絡んでるのかな。

 

久しぶりに会いたい子に会えたし、そこに住んでる子に街を紹介してもらえたし、ライブ前にその日の充足度は限りなく100%に近かった。このお友達と、ブリスベンに呼んでくれたアデルのおかげさま。

f:id:shironekodow:20170306091909j:image

ライブ編に続く。

#142 謎すぎるエクストラデー

◼︎3/5(Sun) 晴れ 30℃

 

諸事情によりケアンズに帰れず、まだブリスベンにいます。

f:id:shironekodow:20170305191257j:image

とりあえず明日確実に帰るし、今日のことはまた改めて書きます。

まじで謎過ぎて戸惑いと苦笑いが止まらない。

こういう日もあるもんだ。

 

 

#141 休刊日

◼︎3/4(Sat) 晴れ時々曇り時々雨 29℃

 

今日のことは今日中にまとめられないので

明日から3日くらいかけて振り返ります。

今日あと42分しかないし

楽しすぎてくたくただ。。。

f:id:shironekodow:20170304221621j:image

バタンキュウ

#140 え、もうこんな時間…

◼︎3/3(Fri) 曇り時々雨 31℃

 

今日は夕方ブリスベンに行くから諸々の準備を

しなくちゃなので学校休んだ。

朝次女を学校に送ったあと、音楽をかけながらパッキング。

このあとシャワー浴びてえ、ランチはあれとこれ作ってえ、

書類整理してえ、そんで身支度してえ…と考えながら

ま、その前にとりあえずお茶でも飲むかな!と

思い立ったところでクリーニングのおばさんが

来てしまった。

 

うわ〜。

しまった今日クリーニングの日か…

忘れてた。仕方ないので予定を変更してしばらく

図書館に行くことに。

まあ二時間もすればクリーニングも終わるっしょ。

と思って12時頃帰ったら、全然まだ余裕で居た。

そしてこのおばさん14時をすぎても一向に帰る気配なし

いやおばさんもこれ仕事だからな。

ってのはわかってるけど…

やろうと思ってたことがなんにもできない

何を隠そう全部屋掃除中につき居場所がない

あとガッシャンガッシャンなんかうるさい

 

私の部屋は掃除しなくていいよって言おうとしたのに

早口でポンポンスポポン会話を勝手に進めて行くから

全然言いたいことが伝わらないし結局

「入るわね!」

って言って親切に私の部屋も掃除してくれてしまった

てかおばさん早口すぎて何言ってか全然分からないよ!泣

 

お昼も結局のんびり食べてる暇なかった。 

あともう少ししたら次女迎えに行かなきゃ行けないし

なんだったんだこの時間…

空腹に耐えながらひたすらYouTubeを観るしかなかった

 

でもこのおばさんにも

「こないだ貰った豆煎餅美味しかったわ!」

「あんなにふっくらして歯触りのいい煎餅は初めてよ!」

「一体どこで買えるの!」

とお褒めの言葉貰った。これは聞き取れた。

やっぱ瑞花の煎餅すごいな。受けの良さ。

 

って書いてる間に刻々とお迎えの時間。

こうしちゃいられん、私も荷物の最終チェックをせねば。

ではまたあす落ち着いた頃に。

 

#139 こだわっちゃいけないやつ

◼︎3/2(Thu) 晴れのち雨 31℃

 

ほら、こないだアカデミー賞あったでしょ。

結構流行り物に乗るの好きなのねこの学校。

若干リアルタイムからはずれてるけど、やるんだってさ。

即席アカデミー賞。好きよね。そういうの。

 

授業で習ったことを動画にして、どのクラスの作品が

一番評判良いか決めるってやつ。

うちのクラスはイディオムを使った1分くらいの動画を

6つ繋ぎ合わせてまとめることにした。

f:id:shironekodow:20170302193652j:image

PCルームねここ。

ただ、それぞれ個々に編集してるから、仕上がりに

統一感が全くない。構成も脚色もバラッバラ。

 

やたらとしきりたがる割にすぐ集中力が著しく低い

ブラジルのあの子は、画面に映った自分を見て

「私すごい太ってる。゚(゚´Д`゚)゚。二の腕編集で細くして!」

とピーピーうるさい。笑

しないから。あらかじめ痩せとけ。

 

あと意欲はあるけどとにかくせっかちな韓国人の子は、

編集作業の前に韓国語の入力設定にできない!

と言って色んな所をやたらめったらクリックしまくって

全然先に進まない。笑

「あっ!わかった!わかった!」っつって

マウスカチカチカチカチ連打してる。

いや、それわかってないでしょ。

ちょっと待って。一旦落ち着こ。

てかアンタ英語読めるんだから諦めて英語でおやりよ

 

編集は複数人でやると余計な仕事が増えるということは

大学と会社で骨身に染みてるので、できればこういうのは

黙って1人でサクサクやりたい。テンポも色も揃えたい。

でもそれじゃグループワークにならないので、ここは

ぐっと我慢して、あーだこーだ言ってる会話に交じる。

演出も編集もバラッバラでも、じっと我慢。

別にこれPC作業上手くなるのが目的じゃなくて、

みんなであーだこーだ言う練習だもんね。

わかってるわかってる。まじで

でもやばい。

お願いやらせて。いいから黙って見てて

って言いそうで危険。笑

じっ…

 

さて、そんなバラッバラの作品集は来週辺りに

学校のフェイスブックページで観られるそうですよ。

茶番じゃ、茶番じゃ、茶番じゃ、ないのよ〜♫

和光ベンディングCM その1 - YouTube

と言いたいところですが、間違いなくそれ。