かなぺりー碇泊記 in Perth

ケアンズでの半年間の留学を終え、今度はワーホリでパースへ来ました。初めて尽くしの日々のコヱ

#20 深イイ話

■10/19 (Wed) 晴れ 31℃

 

今日の午後、校内でフリーマーケットがあった。

毎月1回やってるらしい。

着なくなった服、使わない電化製品、祖国で買った化粧品、

自分でデザインしたスマホケース、街で買った雑貨などが並ぶ。

f:id:shironekodow:20161019182456j:plain

f:id:shironekodow:20161019182534j:plain

出店者は卒業前の生徒が多く、

荷物を少しでも減らすために色んなものを売る。

 

スタッフの1人は、手作りのチーズケーキを販売してた。

このスタッフ、普段は掃除と庭仕事をしてるんだけど、

前職はなんとシェフだったらしい。

味見させてもらったけどとても美味しかった。(買えよ)

 

私も来週卒業予定の子からいくつか雑貨を買った。

何か買い物をした人は、特典としてスタッフからジュースと

クッキーが貰えるという謎のシステムがある。

買い気より食い気

 

夕食時、買い物させてもらった生徒と少し話した。

彼女はアドバンスクラス(上級)にいて、すごく流暢に話す。

これまでの経験、勉強のコツや心得、これからのことなど

とてもためになる話をいっぱい聞かせてくれた。

 

こないだカフェで挫折した話をしたら、

「あー、あるある!『え?なんて?もう一回言って』ってすぐ言っちゃう」

って言ってた。

私、それすらできなかったの( ´・ω・)。って言ったら、

「私も初めはそうだったよ。聞くのも喋るのも、最初からいっぺんになんてできないよ」

「1回目は言えなかった、でも2回目はなんとか言えた、3回目はなんの躊躇いもなく言えた、その繰り返し」

「ステップは低くして、1段ずつクリアしていけばいいんだよ」

「あとはメンタル。私に分かるように話してくれないと困るんですけど!くらいの心持ちでいること笑」

 

なるほどな、と思った。

小さいステップの繰り返し。落ち込むこと自体は悪くない。

でも気が済むまで落ち込んだら、開き直って分析して目標を再設定すること。

気楽に、気長に。

 

夕食時のほんの短いおしゃべりだったけど充実した時間だった。

彼女が来週でもういなくなるなんて惜しい。

もうちょっと早くから知っていれば、とも思うが、否、

卒業してしまう前にこうしてちゃんと話せてとてもよかった。

 

来週には違う都市へ移動して仕事を始めるとのこと。

そんな自信に溢れた彼女ですが、こちらにきて間もない頃は

不安でいっぱいで毎晩メソメソ泣いてたというから愛おしい。

今でも不安はもちろんある、でもとりあえず動いてみたい。

そう語る彼女は嬉しそうだった。