読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなぺりー碇泊記 in CAIRNS

語学留学でケアンズに滞在中。初めてづくしの日々のコヱ

#61 わたしのバリスタ

■11/30(Wed) 晴れ 33℃

 

今朝学校に着いたら喫煙所にデイビッドがいて

びっくりした。先週卒業したイタリア人ね。

「あれえー!!なんでいるのおおお?」

って笑顔で走って行ったら

「カナこそなんで朝カフェテリアにいないのー!」

って言われた。

今日がマリーバのファームに移動する日なんだって。

てっきり卒業式の後すぐ移動したのかと思ってた。

でもどうやら土日月は普通にキッチンで仕事してたらしい。

わたしデイビッドにシェアハウスに移ったこと言ってなかったの。

だからこの数日、ずっとわたしのこと探してたんだって。

「カナはどこだ、カナはどこだ」ってコーヒー片手に。

なんか泣けるね。嬉しいね。

「あー、もうちょっと早く来ればデイビッドの

 コーヒーが飲めたのに...」って言ったら

「ランチの後に作ってあげるよ!」と約束してくれた。

どこまで優しいのだ。

いつもどおりの美味しいコーヒーまた飲めてよかった。

 

てかランチの時にキッチンにいるデイビッドに

おーい、と声をかけたらジョニーがヌッと出てきて、

「キスならデイビッドより先に俺にしてね」とか

なんかわけのわからんこと言ってて笑った。

その後ろでデイビッドはクスリともせずコーヒーの

準備しててそれも笑った。

この2人の小競り合いが見れなくなると思うと

ちょっとしんみり。でも良いしんみり。

 

夜は近所のタイレストラン屋さんでご飯。

f:id:shironekodow:20161130203720j:plain

サービスですって言って大盛りの野菜炒めが出てきた。

嬉しい悲鳴。食べきれなくて持ち帰りました。

 

隣のテーブルのおっちゃんに

「君あそこの学校の生徒?

 今日どこそこに牛乳と卵買いに来てた?」と聞かれた。

え。知らん。それ多分私じゃないです。

 

そういえばこういうの前もあった。

台湾に旅行行ったときレストランで知らないおじさんに

「ねえ今日どこそこの通りを歩いてた?」って聞かれて、

いえ行ってません、人違いです、って言ったら

「いやでもすごい似てたんだけどなあ」って言われたことある。

知らんがな。てか仮に本人だとして何をどうしろというのだ

あと、これまで3人以上の友達に

「わたしの友達にすごいそっくり」と言われたこともある。

高校と大学とバイト先。年齢も出身地も違う。

でもその、そっくりな友達には一度も会えたことない。

 

いつもすれ違いだけど、わたしの分身、

全国各地にいるようですよ。ちょっと怖いね!

これといって特徴のない顔だからかな?

わからんけど。今度また見かけたら教えて。