かなぺりー碇泊記 in Perth

ケアンズでの半年間の留学を終え、今度はワーホリでパースへ来ました。初めて尽くしの日々のコヱ

#76 チューンナップ推奨

 ■12/20(Tue) 晴れ 33℃

 

顔の日焼けが著しいのでパックを買ってみました。

f:id:shironekodow:20161220172126j:plain

昨夜試してみましたが美容液の量が多めでよかった。

シトラスとパイナップルの香りって書いてあるけど

それはよくわからなかった。

1個$4くらいだったかなあ。安くはないよね。

完全に気休めだけど何もしないよりはいいよね。

 

さて昨日から4限目にちゃっかり参加しています。

参加というより隅っこでこっそり聞いてるだけだけど。

4限っつーのは追加料金払ってる人だけが受けられる

特別授業なんですが、たまたま空いてる教室で自習を

していたらその教室は4限で使うとこだったらしく、

先生がドヤさ!と入ってきたので、

「あ、ここ使うんですね!今出ます」と慌てて片付け始めたら

「あーあー、いいよ使ってて。今生徒1人だけだし

 このまま居ても僕は気にしないからいいよ」とのこと

お言葉に甘えて図々しくも居座らせてもらうことに。

ありがたや〜

 

ただ、その1人の子はちゃんとお金払ってるわけだし

邪魔しちゃいけないから1時間は空気に徹する。

黙って横で宿題やりながら心の中で

へーなるほどねーあーそういうことーふんふんほうほう

と盗み聞きスキルが着々と上昇中。

 

とはいえ今後そのクラスの編成があったり人数が

増えたりしたら続けるわけにはいかないので、

今だけ今だけ。許してちょんまげ太郎。

そういえば今日先生終わり際に良いこと言ってたんだよなあ

 

その国の言葉を覚えたかったらその国の人になりきれ、

みたいなこと言ってた。

例えばその先生はフランスで働いていたとき、同僚や

友人と毎度がっつり2、3時間かけて夕食を取り、

話し込んで12時を超えることも珍しくなかったそう。

フランスにいるときの自分は、少し声のトーンが高く、

身振り仕草もフランス仕様にセットアップしてたらしい

 

今はオーストラリア用に少したくましい声量で朗らかに

話し、気楽にいこうよ〜というのほほんとした雰囲気を

自ら演じることで、地元の人に馴染んでいるとのこと

そしてそんな今の自分がとても気に入ってると

 

自国にいるときはもうすこし繊細で優雅な話し方で、

先のことを心配しすぎるきらいがあったらしいけど

そんな自分はここでは姿も見せないらしい。

(ちなみに馴染めなかったのはギリシャっつってた。

 適当さ加減が度を越してるらしい。)

国ごとに色んなキャラ持ってて楽しそうだね。

 

つまり、ノリや声の出し方や仕草などを真似ることで、

スピーキングや発音がぐっとそれっぽくなるよって話。

そしてそういう気持ちが大事だよって。

話せるようになりたいなら恥ずかしがっちゃいかんって。

上手な人や上達が早い人は無意識にそうしてるし、

恥ずかしがり屋や頑なな人はちょっと時間が勿体無い

 

自分をその国仕様にチューニングして、脳みその中も

身体の出力も柔軟にスイッチできるようになりたいね

大丈夫、みんなできるよ、だって。

よーし、やってみよ!