かなぺりー碇泊記 in Perth

ケアンズでの留学を経て西オーストラリアでのワーホリ中。かなぺりーの日々のコヱ

#254 恵み

雨 30℃

 

朝6時頃から一日降りっぱなし。相変わらず風がないので霧っぽい雨がシトシト静かに降っている。こちらに来てだいぶ経つけどこんな静かな雨の日は滅多にみない。めずらしくて新鮮。梅雨の苗場みたい。あ…苗場とか言ったら急に親近感。こんなときつくづくパッキングチームで良かったと思う。土砂降りでなくても、雨の日の外作業は気が重たくなるから。今日一日外で作業してたみんな、おつかれっす。明日も雨みたいだけど、よろしくっす。車ん中が雨と泥と汗と食べカスと飲みこぼし等々によりかなりクサイ。自分の車じゃなくてよかったとはいえ、申し訳なくなる汚さ。週末掃除でもするかな…
そういえば昨夜、ドイツ人の若い可愛い女の子ふたりが離れのスタジオルームに突然越して来た。マリーとアイシャ。大家さんとの立ち話を聞いてると、どちらかのお兄ちゃんが約2年前この家にお世話になったらしく、お兄ちゃんに「住むとこ見つからなかったらここ行ってみそ」と言われて来てみたとのこと。お兄ちゃんから通りの名前と「ここら辺」という情報しかもらってなかったらしく、近隣住民に尋ねながら辿り着いたって言ってた。ダーツの旅か。オーストラリアには4日前に到着し、マーガレットには昨日来たばかりで、仮押さえしてたシェアハウスに行ってみたらびっくりするぐらいクソみたいなとこで、慌ててこの家を尋ねた、という経緯。ほんで尋ねて数分もしないうちに、やっぱこっちに住みたいから仮押さえしてたとこキャンセルしてきます、と言って一度いなくなり、そのあとすぐ荷物を持って越してきた。相当やだったんだね、前のとこ。どんな子たちかまだよく分かりませんが当たり障りなく平和に穏やかにお互い過ごせますように。それだけ。