かなぺりー碇泊記 in Melbourne

メルボルンでセカンドワーホリ中。かなぺりーの日々のコヱ

なんか色々思い出した

先週いつだったか、店長とパピリカで流すBGMの話になった。今は、日本人だけど無国籍感があって、ほどよいゆるさがあり、歌詞も主張しすぎず耳障りがよい、という理由で坂本慎太郎がかかってる率が高い。でも出勤するたび毎回坂本慎太郎なので最近ちょっと飽きてきちゃって、うーんなんかいいのあったかな、とふとYoutubeで漁り始めたらなんだかこの感じが久々に楽しくなり始め、ここ数日はずっと音楽探しをしていた。昔のから最近のものまで、あの店で流れてて心地がよくイケてて、食事を邪魔しないリズムと音、歌詞の迷彩度、声と伴奏の馴染み度などを考慮しながら次から次へと再生して飛んでいく。どのミュージシャンもカフェで流れることを予想して作ってるわけじゃないから当たり前だとは思うけど、歌の有る無しにかかわらず、皆さん「伝えたい想い」の熱量が大きくて探すの結構たいへんだった。あと前半ゆるいのに後半急に盛り上がっちゃう率高し。でもおかげさまで新旧様々な音楽を発掘できて一人で勝手に感動。「自分用に春夏のお気に入りリストを作ろうかな」とか、「これ通勤のとき聴こうかな」とか、「これあの子に教えてあげよ~」とか、「こういうパーティーあったら流そ」とか、以前よくやってた音遊びを思い出してわくわくが止まらない。

思い出したといえば、ずっと忘れてて思い出せなかった本の題名をおととい急に思い出した。高村光太郎の『智恵子抄』。好きだった本。「高」の一文字だけが頭の中に残っててそれが登場人物の名前だったか題名の一部だったか思い出せずに、2か月くらいずーっともやもやしていた。よかった引っ張り出せて。音楽のおかげで脳が活性化した。

月曜の夜は大家さんちで日本食パーティーをした。大家さん、大家さんの彼女、大家さんちのシェアメイト2名、大家さんの友達、うちのシェアメイト2名、私とルカの合計9人。定番の日本食をそれぞれ何品か作っておもてなし。なぜか上善如水の一升瓶があって久しぶりに新潟の酒飲んだ。うめえなやっぱ。親日家が多くてうれしい。なんか久しぶりにみんなでワイワイして、マーガレットリバーのことを思い出したりして、じ~んとした。良い夜だった。f:id:shironekodow:20180912104030j:image

幸い先週トライアルに行ったカフェで雇ってもらえるという知らせも入り、ようやくまともに仕事ができる!と嬉しみでいっぱい。パピリカと新しいところでうまく両立できたらいいな、と願ってやまないがそこのところは果たしてどうなるか…。申し訳ない気持ちももちろんあるけど、どちらの店長もすごく親身になってシフトの相談に乗ってくれるので本当にありがたい。迷惑おかけしてすいません本当に。ありがとうございます。

色んな人に救われて、支えてもらいながら生きているなあと、今一度深く実感。思い出させてくれてありがとう。なモードです。