かなぺりー碇泊記 in Melbourne

メルボルンでセカンドワーホリ中。かなぺりーの日々のコヱ

ヴィーガンの味方

最近はまっているスーパーマーケットがある。リッチモンドにあるアジアン食品と雑貨のお店、MINH PHAT(ミンファット)。このエリアは昔からベトナム人が多く住んでいるところで、ベトナムを中心に東南アジア諸国のレストランでにぎわっている。パピリカで出しているヴィーガンボウルの大豆のそぼろが、ひき肉のそぼろの食感と味そのものだったので、大変感動し、店長にどこで買ってるか聞いたところここを紹介してもらった。倉庫風のお店で規模も大きく、東南アジア系の調味料や乾物、お菓子、お茶、飲料、野菜などよりどりみどり。シティのアジアンスーパーや中華街のスーパーでさえ取り扱ってないものが豊富にある、というのはやはりベトナム・タイ系の需要が強い所以か。お目当ての大豆ミートは200gで2ドルしないくらい。水でもどすと量は倍以上になる。そぼろ状から一口大の塊、うすぎり、こまなど色々な形状があるので、ヴィーガンでも料理のバリエーションも広がるし手軽だし本当に便利!

f:id:shironekodow:20181004093748j:plain

昨日はこれら大豆ミートのほか、中国茶と少量の野菜と日本の調味料を購入。ネギもコリアンダーも普通のスーパーで買うより3割~5割ほど安い。お菓子と冷凍食品も攻めたいけど、ここを攻め始めたらめちゃくちゃに散財しそうなので、とりあえず一旦かごに入れてから店内を何回もぐるぐる歩き回り「今本当にいるものか否か」を自分に問う。問うてる間も「わ、なんだろうこれ」「えー!こんなのも売ってる」などと好奇心を刺激してくる品が揃っており思わず時間を忘れる。怪しい日本語もあって探してて楽しい。

f:id:shironekodow:20181004093847j:plain

上等な…なんだってぇー?!笑

f:id:shironekodow:20181004094005j:plain

とうもろこしなの?栗なの?と思ってあとで調べたら広東語でとうもろこしは粟米(ソッマイ)というらしい。栗じゃなくて粟。勉強になりますね。

最終的にお菓子は優先順位が下がり、冷凍食品は持ち帰る時間のことを考慮してそれぞれの棚に戻るのが常だけど、毎回ほんの少しだけ新しいものにチャレンジする楽しさといったらない。もう少し家の近くにあったらなー!毎日通うのに。ちなみにミンファットの向かいにもSaigon Villageという青果中心のスーパーがあって、ここもかなり安いということに昨日初めて気付いた。ゆっくり買い物する時間があるときはこのエリアがよい。