かなぺりー碇泊記 in Melbourne

メルボルンでセカンドワーホリ中。かなぺりーの日々のコヱ

とことん平和主義

f:id:shironekodow:20181008081917j:plain

先週末はちょっと落ち込んでいた。先週のはじめに木曜と金曜の仕事が急になくなって、働く気満々だったのに肩透かしを喰らったのと、もしかしたらまたかけもちしなくちゃいけないかも、またいちから出直しかあ…という杞憂がついてまわり気分が晴れず。書類の手直しやカフェの下見、行ったことないエリアの偵察などして過ごすもいまいちパッとせず。土曜日、何やら設備の故障があったらしくボスたちも朝から若干ピリついており、さらに昼頃から急に忙しくなって大わらわ。私も周りを見ている余裕がなくて思うように動けず、ひどく落ち込む。さらに仕事のあとボスから来月以降のシフト増の確約はできないとも言われて、ああ、かけもち決定か。とちょっとがっくし。帰り道、スムーズに職務を全うできない悔しさと、いつまで経っても仕事のリズムが作れない苛立ちで、なんでこんなにうまくいかないんだろうと嫌になって泣いた。ただ週5で8時間働きたいだけなのに!なんでたったそれだけのことがこんなにも難しいのか!こらえきれず真顔でぼろぼろ泣きながら自転車で爆漕ぎして帰る。家に着いてからもしばらくひとりでさめざめ泣き、楽しく遊んで帰ってきたばかりのルカにもウェンウェン泣きついた。「そんなに心配しなくて大丈夫。かなはグレートだよ。休みになって気持ちが落ち着いたらまたがんばれ」と言われたけどこの「がんばれ」の部分を彼は「keep fighting」と表現していて

私「もうやだ、もう誰とも何とも戦い続けたくない疲れる」

ル「誰かと戦えなんて言ってないよ、自分と戦うの」

私「え、もっとやだ!なんで自分と戦わないといけないの!だって私自分が大好きだし仲良くしたいし、私にも私を好きでいてほしい…てなにを言うとるんじゃわしわ」

と思わず口から出たところでなんかちょっと笑けてきた。自分に甘いってそういうことか…だから次の扉が開かないのか…みたいな。いかに自分が自分を「だいじだいじ」にしていたかがこの瞬間にわかった。そうかあ~私自分のことそんなに好きだったんだなあ。ついさっきまでの自己嫌悪は、じつは自己愛所以のものだったということに気付いてちょっと照れる。とりあえずしばらく泣いたら気が済んだし、後半もう完全に笑っちゃってたし、ごたごた言っててもしょうがないのでやっぱめげずに色々試してみる(≒戦う)しかないんだなと落ち着いた。はあ~あ~。やるかじゃあ~。

ちなみに昨夜、占い大好きまゆちゃんが進化版動物占いを施してくれた。私は「パワフルなトラ」で

f:id:shironekodow:20181008080453p:plain

やっぱり頑として戦いたくないのだということがわかりました。このほかにも色々書いてあったけどほとんど当たってた。器用貧乏とかあった。わらう。合ってるし。あと「笑いながらきつい一言が言える」とか。竹中直人かな?

f:id:shironekodow:20181008082510p:plain

今やってる飲食店と喫茶店が不適職なんだとわかってちょっと元気が出てきた。しょうがないよな~、不適なことやってんだからうまくいかなくても…とまた自分をなぐさめ、適職の欄を見てウキウキしている。何かを始めるのに遅すぎることはないという誰かの言葉を思い出す。

60種類あるなか、ルカとの相性は最悪で、お互いがお互いにとってブラックデビルらしい。ブラックデビルて。なんで急に英語

f:id:shironekodow:20181008091446j:image

つーかなんでそういうことまで書くかなー。占いなんて不安を解消するツールなんだからいいとこだけ書いとけよなー。ほんとにもうこういうのトラは地味に気にするんだから…「うちら相性最悪なんだって。つらい」言ったら「占いなんてBull shitだよ」と即答された。頼もしい。そういうとこさすがだなと思う

もうそんなかんじ?なので最近このアルバムばっかり聴いてる。


Shintaro Sakamoto - Another Planet

一つの事覚えると 二つの事忘れる♪

あんなに悔しくて 懲りたはずなのに♪

いつものようにしてたこと いつものようにできない♪

同じもの見ても 同じふりしても 二度と♪

(中略)

興味ないことだけど♪

どうにかしなければ♪

興味ないことだけど♪

修理をしなければ♪ …

このアルバムぜんぶ好きだけど「他人」もお気に入り。坂本さんの歌うフレーズ一個一個に「わかる」「確かに」「いやほんとそうですよね」と相槌いれる日々。私もこういう音楽を作りたい。