かなぺりー碇泊記 in Melbourne

メルボルンでセカンドワーホリ中。かなぺりーの日々のコヱ

休日の朝の定番

なんで今まで気付かなかったんだろう!と思ったことがもうひとつある。急に休みの増えた先々週、もうこうなったら近間で新しい職場を探してやる!と躍起になって家から半径1㎞くらいのカフェを手当たり次第歩き回っていたところ、めちゃくちゃ近所に私好みのカフェがあったことが判明した。その名も580Bench

f:id:shironekodow:20181217115605j:plain

家から徒歩1分未満、よく行ってたコンビニのすぐ横だった。先日行ったフォウクナーパーク近くのカフェの系列店。気付かなかったのにはいくつかわけがある。オフィスビルの1階のエントランスホールにあって、外からはカフェだかなんだかちょっと分かりづらいこと、コンビニに行く時間はいつも夜なのでその時間カフェは閉まっていて存在感を消していること、平日しか開いてないことなど。今の家に引っ越してからもう4か月近く経つので、その間ずっと素通りしていたらしい。くやしい~。でも今更なんて思わずに、気付けてよかった~と思おう。近所が故、鍵と小銭だけ持ってサンダルでてふてふ行けるのが良いですね。

何が好きかって、まずはもちろんコーヒーがおいしいこと。定番のミルクコーヒー・ブラックコーヒーのほか、ちゃんとフィルターコーヒーもあって、豆もコマーシャル製品ではないこと。エントランスホールなので天井が高く開放感があり、店はとことんミニマル・シンプル、日本人がデザインにインスパイアされたらしくわずかに和のスパイスも感じられる。常に片付いていて清潔に保たれたコーヒーカウンターの後ろ側に大きなテーブルがあり、スタッフのテキパキとした美しい所作を眺めながら飲むのも気持ちがいい。スタッフの動きだけで30分くらい見ていられる。良い配置、良い導線、ここでコーヒーを飲むと、味も時間もちゃんと味わうことができる感じがする。1人で行っても誰かと行っても心地が良い。最初見つけたときダメ元でレジュメ落としてみようかとも思ったけど、「いや、断られたあと行きづらくなるかもしれないからやめよ。ここは働きに来るところじゃなくて、ホッとしに来るところにしよう」と考えを変えた。ということで、平日の休日の朝はここでコーヒーを飲むう♡と先日決め、少しずつ習慣になりつつある。

f:id:shironekodow:20181217115339j:plain

フィルターもいいけどストロングラテも捨てがたい。

ちなみにここのサイトを見るといくつか載ってますがお店の前に置いてある小さな看板は、かの有名なチョークボーイさんによるアートワークだそうで。そして私が好きな地元のカフェThe Coffee Tableの店長も以前来店していたらしいというのもなんかで発見し、勝手に「おおお」となっています。日本人の女性スタッフが2人いて、ほんとは色々聞きたいこともあるんだけど…「そのカッコイイエプロンはどこで売ってるんですか」とか「豆はどこの使ってるんですか」とか「どういう経緯でここで働くことになったんですか」とか。最初どこの国の人か分からなかったから念のため英語で注文したっきり、日本語に変えるタイミングを逃して逃して、以来今日まで外国人ぶってしまっている。年内の目標は「おはようございます!」と笑顔で挨拶して、「うすうす気付いてたかとは思いますがその通り!日本人で~す!じゃ、いつものコーヒーください」と日本語で言うこと。こんな簡単なことで何をもじもじしとるんじゃぁ、と思うでしょう。そうですね。わかってるんですけどね。来週やります。