かなぺりー碇泊記 in Melbourne

メルボルンでセカンドワーホリ中。かなぺりーの日々のコヱ

ようこそ2019

初夢を観ました。サンルームの椅子に腰かけて外を眺めていたら、中庭がじわじわと海の底に変わり色とりどりの美しいサンゴ礁や魚が現れるという夢でした。モアナで言うところの、ヤドカリのシーンみたいな感じ。ふと目を上にやると水面の先で瞬く星までくっきりと見え、自分のいる位置との距離感に違和感を覚えつつもその幻想的な光景に感動し、しばらく目を離せないでいました。そのときサンルームで聴いていた音楽も覚えている。色も音も温度も生々しい美しい夢で、新年幕開け朝からしあわせ。

さて、大晦日の日は家でごろごろしながら年明けすることになりそうと思っていたのが、急遽花火を見ようということになり、10時半すぎにロイヤル植物園近くのキングスドメインまで歩いてでかけました。今調べるまで知らなかったけど、この日は花火祭りだったのね。9時半にヤラパークとフッツクレーパークで、カウントダウンはキングスドメイン・トレジャリーガーデンズ・フラッグスタッフガーデンズ・ドックランズの計4か所で同時打ち上げだったらしい。一か所に人が集中せず分散するからいいですね。賢い。それぞれの場所の中心にDJブースがあり、10時から2時間音楽で盛り上げる。ときおりスクリーンに「あと10分」とか「あと5分」とか表示され、その都度観客が少しずつ興奮し始める。1分前になると急に音楽が止みメルボルンの市役所が作ったであろうカウントダウンコマーシャルが流れ全員でカウントダウンをするんだけど、さすがオージー、残り2秒くらいでもう打ち始めちゃうっていう。たぶんだれも最後の「1!」って言ってない。そこから約10分、音楽に合わせて花火がどんどん打ち上げられるんだけど、出だしが合ってないから音楽にも微妙に合ってなくてちょっともったいない。肝心の花火は大味でひねりはあまりないけど、打ち上げ場所がやたら近い(危ない)のと、間髪入れずにとにかくひたすらガンガン打ちまくるのである意味凄まじかった。期待はしてなかったけどなかなか捨てたもんじゃないなと思える面白い花火でした。多分調べたらYoutubeとかにも上がってると思うので興味があったら見てみてね。

f:id:shironekodow:20190103093306p:plain

1日2日は特筆すべきこともなく、平穏にしておりました。車もないし遠出もしないしそろそろ休みも飽きたので早く仕事再開したい。今年はより一層マメに働き、心と身体の健康にも十分配慮したうえで、新しいことにも果敢に挑戦する年にします。何卒宜しくお願い致します。