かなぺりー碇泊記 in Melbourne

メルボルンでセカンドワーホリ中。かなぺりーの日々のコヱ

片足をつっこむ

昨日初めてコーヒーの個人レッスンを受けてきた。経緯はいろいろ。前々からからやえちゃんに話を聞いていたのに加え、シェアメイトのまゆちゃんもこのレッスンの受講者だったと聞き、さらにその友達も…と気が付けば知り合う人ほとんどがこのレッスンを高く評価していたことがまずひとつ。もうひとつは、メルボルンに来て2か月、未だにゆるく仕事探しを続けているが、フルタイムのローカルジョブの募集といえばバリスタ業がおよそ6割を占める(専門職を除く)。どこの地域も3歩あるけばカフェカフェカフェ。オールラウンダーと呼ばれる所謂フロアスタッフの求人にしても、バリスタの経験もしくは知識がないと爪弾きにされる。メルボルンがカフェとコーヒーの街だということは承知していたが、正直「コーヒーは飲めればなんでもいい」派だし、カフェは休みに行く場所であって働く場所ではないと思っていたので仕事にしようという気はさらさらなかった。しかしここまでバリスタの求人が多い上に、割と就労時間が安定しているところを見ていると、なんだかバリスタであることがメルボルンに住む条件のひとつのように感じてきて(そんなことない)、はたまたなんだか得体のしれない大きな何かに「やってみそ」と言われている気がして…まあこんなところに住む機会もこの先そう多くないだろうし、経験のひとつとして「メルボルンバリスタやってた」が人生の1ページに加わっても面白いかなと。とりあえず月~金、朝から夕方まで稼げれば何でもいいんです。飲食店の夜のシフトがいやなだけなんです。家の近くで時給がいいとこ、って思ったらカフェが手っ取り早いってだけ。そしたらもう挑戦してみるしかないってだけ。

というわけで、お世話になるのがメルボルンバリスタ/焙煎士として働いている日本人女性の先生。自宅と勤め先のカフェで迷える子羊たちに技術と知識と仕事を与えている。今月と来月数回受講しつつ来月は色んなところでトライアルを受ける予定ですと伝えると、お、ではかなり急ぎ足で覚えていかないといけないですね、と先生。気合が入った先生の目から「やるわよ」という覚悟が伝わってきて、それまで「わあ~たのしそう~」とヘラヘラしてたのに急にぎゅっと緊張しはじめた。昨日はエスプレッソの抽出、グラインダーの調整、ミルクスチーム、ラテの作り方などコーヒーづくりの基本を教えてもらった。

f:id:shironekodow:20180817100444j:plain

自宅用だけど本格的

f:id:shironekodow:20180817100449j:plain

先生が手を添えて一緒に作ってくれたお手本

感想は、思ったより数学的、思ったより専門的、思ったよりお豆ちゃんたち繊細なのね。って感じでした。そしてやはり経験と反復練習がものを言う世界だな、と。先生は「どこでも通用できるように、一番厳しい基準で最初から教えています。もちろん店によって重要視するポイントは違うし、ここまでコーヒーに力を入れてない店もあるから、どういう店で働くかは本人次第。必ずしも一流の店で働けと言っているわけではない。ただ、知ってると知ってないとじゃ雲泥の差。知らなくていいことはない」と言っていて確かに…と納得。正直「うわ、これはちょっとハードルが高いぞ…」って思う瞬間もあったけど、同時にからっきしの初心者が一からこのレベルで教えてもらえるってとても貴重でありがたいことなんだなとも思った。先生すごい。ありがとう。

終わったあとやえちゃんに早速メールし、初めて作ったお粗末なラテを見てもらった。

f:id:shironekodow:20180817100543j:plain

ハート、ちんまい!

やえちゃんは子供の絵を褒めるお母さんみたいにすごい褒めてくれて嬉しかった。改めて、この機会を最初に提供してくれたやえちゃんに心から感謝。しっかしあんな難しいことを毎日やってるなんてバリスタの皆さんすげーな。大したもんだ。たった2時間の受講でバリスタに対する印象が変わった。非常に刺激になりました。とはいえ「飲めりゃいいの飲めりゃ」「味の違いワカランし」「ちょっとぐらいまずくてもお店が居心地良かったらそれもまた良し」という私もまだ何パーセントか存在しているのでそれが今後どう変化するかは乞うご期待。再来週はやえちゃんと一緒にグループレッスンを受講する予定。楽しみだなあ~

ディスカバリー

土曜の昼すぎ、近所を散策し最寄りのスーパーやカフェ、バーなどを偵察。15分ほど歩くとプラーランのエリア、20分ほど歩くとセントキルダのエリアへ着く。まだ叙述できるほどよく街を見ていないけどそこそこ賑わっている。春先に向けて少しずつ詳しくなっていきたい。とりあえずスーパーで1週間分の食材を買い、帰宅後早速オーブンでさつまいもを試し焼きした。火力はやや弱い感じがするけど十分使える。いい感じである。

夜はルカの友達のライブを観に行こうと出かけるも、あまりに寒くて途中で気が変わり目的地直前でUターン。引き返そうと曲がった角に古いトラムが3両泊まっていて、なにかと思ったらレストランだった。

f:id:shironekodow:20180813094820j:plain

f:id:shironekodow:20180813094824j:plain

クラシックでかわいらしい外装。ライトのまあまぶしいこと。わあ~なにコレなにコレ言いながら物珍しさで中を覗くと、内装もさることながらウェイターもかなりフォーマルで、お客さんもみなきちんと着飾っていた。一絡げに豪勢な雰囲気。一体どんな料理が出てくるのかと思って調べてみたら案の定の価格設定でございました。お邪魔するご縁はなさそう。 

Home - The Colonial Tramcar Restaurant

昨日はお昼から夕方まで仕事。忙しかった。集中したからどっと疲れた。仕事上がりに店長の娘ちゃん(もうすぐ4歳)に初めて会って、もうひとりのバイトの子とお店の2階に住んでる子とみんなでまかないを食べた。店長が娘ちゃんに「なんかお歌うたって」とリクエストすると、「じゃあゲゲゲの鬼太郎うたいま~す!」と言って大きな声で1番を上手に歌い、ご丁寧に「このばんぐみは。ごらんのスポンサーのていきょうでおおくりします。」と言って締めくくった。お見事。店長に「最後の締めは仕込んだんですか?」と聞くと「仕込んでないよ、自分で勝手に覚えて言い始めてん」とのこと。みんなが笑うところをちゃんと押さえてるんだなあと感心。いやされた。

帰宅後ルカと近所のバーに一杯飲みに行き、スーパーで少しだけ買い足しをしておよそ2か月ぶりの手作りピザを楽しんだ。

f:id:shironekodow:20180813101750j:plain

焼く前のようす。具材はトマトソース、マッシュルーム、バジル、ハラペーニョ、ビーガンチーズ。耳にもチーズ入れた。生地にイーストを入れすぎたとのことでかなりフワフワもちもちに焼きあがったけどそれはそれで非常に美味でした。「毎週末違う種類のピザ作る!」と意気込んでいてこちらとしても期待大。いや~たのしみだなあ。

通算8回目の

引っ越しが完了しました。ケアンズの寮生活から数えて8軒目。同じ家での部屋移動を含めたら10回目の引っ越し。数が多くなるにつれ荷物も増えてきたので、できればもうここでしばらく落ち着きたい。

右も左もわからず、とりあえず小綺麗で予算以内ならそれ以外は文句言わない(状況的に言えなかった)と決めたCBDの極小アパートだったが、1か月過ごして右も左もわかってきたら、やはりお互い文句が増えてきた。家のことばかりではなくても色々なストレスが積み重なって、先週はじめについに堪えきれなくなり引っ越しを決意。翌日、ルカが早速候補を見つけ即下見、その日のうちに即決、そしておととい入居に至りました。タイミングが非常によかった。

場所はアルバートパークゴルフコースのそばで、CBDからはトラムで20分ほどのエリア。オフィス街とゴルフ場の間なので観光客はあまりいなくて、まず人混みの中をイライラしながら歩くということがないのが良い。家はひと昔前の市営住宅という感じで、3階建てのレンガ造り、そこの住人しか入れないようにゲートはオートロックになっている。中庭を囲むようにして3棟ほど住宅が並んでいて言ってみれば校舎のようなイメージ。緑も豊かで共用の屋外テラスなどもある。私たちの家は1階の角。前のアパートは8階なのに高さを感じる空間のゆとりが全くなかったので息苦しかった上、エレベーターがちょっとアホでなかなか1階に辿り着けないのがいやだった。そのストレスから解放されて幸せ。新しいシェアメイトはイタリア人男子と日本人女子、2人ともハードワーカーでほぼ家にいない。いてもめっちゃ静かで生活リズムが同じなのでトラブルになる要素がない。シェアスペースもほどよい空間があるので気にならない。前の家のインド人カップルも悪くはなかったけど、生活リズムが不規則すぎるのと、狭さ故に気になるところが目立ってだんだんイラついてきてしまうのが難点だった。多分これはお互い様だったと思う。あと前のアパートは洗濯するのにいちいち地下のランドリールームに行かないといけなくて、洗濯に4ドル、乾かす場所がないので乾燥機に4ドルかかる。これもいやだった。週末の夜中に近所のクラブの音楽や酔っ払い客の雄叫び、パトカーのサイレンなどが頻繁に聞こえるのもいやだったし、キッチンが狭すぎて料理がまともに作れないのもいやだったし、とにかく気付いたらいやなとこばかりが見えてきて精神衛生上もう限界。今は色んなストレスから解放されて心が少しずつ元気になってきている。

さて肝心のお部屋ですが。前のアパートの約4倍!の広さ。

f:id:shironekodow:20180810122719j:plain

床面積がまず広い。そして収納がめちゃくちゃでかい。天井が妙に高いのでそれも相まって非常に広く感じる。天井もだけど各部屋のドアノブもなんか妙に高い位置にあってちょっと笑う。

f:id:shironekodow:20180810122756j:plain

なんといっても嬉しいのがサンルームがあること。洗濯物もここで干せるし、お茶飲みながらゆっくり読書、朝日をあびながらヨガなどもできる。

f:id:shironekodow:20180810122951j:plain

サンルーム側から見た室内。収納が天井ぎりぎりまで壁一面あるので常に部屋がスッキリ保てるのもよい。

キッチンはシンプルだけど必要な家電と小物はすべてそろってる。

f:id:shironekodow:20180810123101j:plain

ルカはオーブンがある!これでピザが焼ける!と喜んでいた。前のアパートはIHが2口だけだったし、ザルも缶切りも茶漉しもなかった。あと食洗器もあるのでシンク横の「洗った食器誰が片付けるか問題/乾いてるところに濡れた食器積むなばかやろう問題」がない。水回りが常に乾いていて清潔。バストイレも普通。シャワー水圧も申し分ない。洗濯機もちゃんとある。Wi-Fiもばっちり。それでいて家賃は15ドル/週ほど安くなる。月に60ドルも浮くので食費などに充てられる。よかった。ほんとよかった。

通勤にやや時間がかかるのと、スーパーがちょっと遠いのが今のとこややネックだけど、近々自転車を買うので大した問題ではないし、仕事はこっちのエリアで改めて探すことにする。敷地内においしいベトナム料理のテイクアウェイがあるので、ここにはかなりお世話になりそう。

メルボルンに来てもうすぐ2か月、空回り気味だった歯車がこの引っ越しを機に少しずつ噛み合ってきたような感じがする。引き寄せ引き寄せ…。なるべく長く、楽しく、心地よく過ごせますように。引き続きめげずくさらず頑張ろう。

増量中

昨日は昼間ちょこっとヴィクトリアマーケットに行った。

f:id:shironekodow:20180806100108j:plain

地元の高校生?が合唱してた。先生がノリノリでかわいかった。

先週職場の店長から、「めっちゃ美味しいズッキーニフリッターのサンドイッチがあんねん」「ヨーグルトのな、ちょっとガーリック風味のソースが塗ってあってな。ピタパンみたいので挟むねん」「昔よう行ったわ、当時の彼女と。仕事の買い出しでマーケット行って、買い出しそっちのけでまずそのサンドイッチや」「ほんま簡単なやつやで、忙しい店やから。7ドルくらいやったかなあ」「今でも思い出す、うまかったなああれは」などと聞いていたので、わくわくしながら探しに行った。だがしかし肝心の店の名前やどこら辺で売ってたかなどの情報を曖昧に聞いていたので、探すのに非常に難航した。店長の素敵な思い出話の説明をめんどくさがったために、ルカは私がなんでそんなにサンドイッチサンドイッチ騒いでるのか謎だったらしく、目的もなくただぐるぐる人混みを歩かされて結構早い段階で不機嫌になっていた。申し訳ない。ごめんやで。かろうじてズッキーニと人参のかきあげみたいなやつは発見した。フリッターとも書いてあったし値段も2.5ドルだったので「もしやこれか!」と思って買ったけど、築地の競りかな?と思うくらいの混雑と喧騒でパンもソースもまともに注文できず、しかも揚げてからだいぶ時間が経ってたのか冷えててあんまりおいしくなかった。不完全燃焼。来週ひとりでもう一回チャレンジしたい。それか店長に直接案内してほしい。もう無いなら無いで「無いね」って言ってほしい。

その後すんなり帰るのも癪でなんとなく家の3軒隣の火鍋屋でランチ。

f:id:shironekodow:20180806100127j:plain

二人とも火鍋初めてだったのでオーダーの仕方や食べ方にやや手こずるもまあそれなりに楽しい体験ができた。野菜の盛り合わせと豆腐の盛り合わせしか頼んでないのにめちゃくちゃお腹がいっぱいになって夕飯時までパツパツ。次回火鍋行くときは完全に空腹のときに行くべし。

あと、昨日のことではありませんが最近Dukeという店のデリバリーピザにはまっています。

f:id:shironekodow:20180806100129j:plain

ビーガン対応◎でルカくんお墨付き。チーズもベーコンもビーガンのそれとは思えないくらい味と食感がしっかりしているので非常に満足度が高い。あと生地がうまい。中心は私の好きなかなり薄いタイプで、でもちゃんと耳はふっくら、端はカリっとしている。ソースもなんだかコクがある。メルボルンでピザデリバリーするなら最近はもうここ一択。週に一回、週末のお楽しみ!

気付いたら八月

週明けから昨日までは風が恐ろしく強くて一段と寒かった。今日はだいぶ和らいで17℃ほどまで上がったが明日からまた15℃前後で降ったり止んだりする見込み。あと1か月ほどの我慢、8月になったばかりにも関わらず早く9月にならないかしらと待ち遠しい。

月曜日はヤラ川沿いのDFOに行ったりやえちゃんとハッピーアワーしたりそれなりに楽しかった。火曜水曜は慣れない仕事と進まない調べものでどっと疲れて気力体力ともに消沈。それでも昨日は気持ちを新たにして朝からアクティブに行動し仕事もまあそこそこ楽しくできたのでマル。しかも昨日は久しぶりにルカとフレッシュパスタを作って食べお腹の底から元気が出た。バジルペストやっぱうまいな~

夜が早く来るのでお散歩は夜景のなかばかり。きれいだけどさむい。帰りたくないけど帰りたい

f:id:shironekodow:20180803125542j:plain

f:id:shironekodow:20180803125547j:plain

7月は例年通り浮いたり沈んだりが激しくつらかった。始まったばかりとはいえ自分の生活を思うように管理しきれていないのが原因なのは明白、8月はそれらを少しずつ調節することが課題です。でもそればっかりに意固地にならず気楽にゆっくり取り組むことも意識しつつ…。ああ、むずかしい。今がふんばりどき。

つまるつまらないの話

昨日は少し足を延ばしてハイデルバーグというところにあるハイデ近代美術館に行ってきた。

f:id:shironekodow:20180730095738j:plain

バスで小一時間くらい。シティを抜けてバイパスを走っていると、流れる景色とスピード感に、つい先月まではこうして毎日眺めのいい道を運転してたんだよなあと懐かしく思わずにはいられなかった。毎日シティ内をトラムやバスで移動しているけど、乗ってて心地いいのはやはり時速70㎞~90㎞なのかな。運転したいなあ。

ハイデ美術館には到着したもののあまり魅力的な展示がなく、また近代美術に全く興味のないルカくんに付き合ってもらうにはちょっとかわいそうなくらい高い入館料だったので入るのはやめた。そのかわり敷地内にある大きな公園を散策し、まばらながら置いてある作品らしきものをとりあえず眺めておいた。

f:id:shironekodow:20180730095947j:plain

f:id:shironekodow:20180730100001j:plain

f:id:shironekodow:20180730100014j:plain

f:id:shironekodow:20180730100011j:plain

一通り回ったところで雨が降ってきた。風もだいぶ冷たくなってきたのでバス停まで戻ったが、次の便の到着まで20分、周りにはガソスタくらいしかない場所だったので仕方なくUBERを呼んだ。一瞬で来てくれてしかもシティまで20分くらいで着いて、シートはふかふかで非常に乗り心地のいい車だった。そこでまた思う。ああやっぱいいなあ車。車社会に戻りたい。思い立ったらすぐ乗れて海だの山だの川だの隣町だの行って、またちょろっと走って買い物とかして帰るあの感じが恋しい。気分転換も簡単にできるし、半額になってる10㎏の米も平気で買って帰れるし、2リットルのペットボトルだってポテトバッグだって怖くない。なんだかなあ。まあ車だけの問題じゃないんだけど、この街に合った「生活の仕方」がまだよくつかめてないんだと思う。3個前の記事で「わかってきた気がする」とか言ってたけどあれ嘘。やっぱまだちょっとわからん。寒いし。色々億劫だし。もう少しあったかくなってきたらきっともうちょっと気楽に色々なことに取り組めるような気はする。が。果たして。どうかしら。これまで一体自分が何に楽しみを見出して何に根を詰めていたかさっぱり思い出せない。色々大きいこの街で自分の視野がいかに狭いかを思い知らされているかんじ。ちょっと時間がいる。

おしごと

まだまだ目標日数と勤務時間には程遠いけど、仕事が少しずつ固まってきた。いまのところ下記の計3か所でホールスタッフとして働かせてもらっている。そのうち2か所は姉妹店なので、それぞれ行ったり来たりする。夜シフトがほとんど。もういっこは平日昼間2回とたまに日曜昼間。それぞれあと1日プラス且つ1時間プラスくらいになると良い感じ。幸い全部の店が同じエリアで徒歩3分圏内なので移動がめちゃくちゃ楽ちん。家からもトラムで15分くらいなので楽ちん。

f:id:shironekodow:20180725100343j:plain

Papiricaは鯛焼きも売ってる。これがうまい。ほっとする。

f:id:shironekodow:20180725100346j:plain

メルボルンはカフェの街なので、当初はカフェのオールラウンダーを探していたけど、基本的にバリスタの経験があること前提の募集が殆どなので、特に何もない私にはやや敷居が高い。別にカフェ行くの好きだけど作るのあんま興味ないしなあ、皿洗いだけならカフェで働く意味ないしなあ、今からバリスタの勉強始めてたら来週の家賃払えないしなあということで、もう少し視野を広げて運よく見つけたのがこの3つ。ワーホリでも見つけやすい仕事といえば飲食店・クリーナー・ベビーシッター。クリーナーとベビーシッターはもうやってこりごりだったので、やるなら飲食店かあ~、どうせやるなら私生活で役立ちそうなとこにしよう。そうだヴィーガンの店にしよう。ルカに作ってあげられるレパートリー増やそう。なんならまかない持って帰れば夕飯作らなくていいから楽だよね。ということで、CBDの近くのヴィーガン料理をメインに提供している場所に絞ってレジュメを配り歩くことにした。最初の店はラッキーなことにレジュメをもっていったその日に面接をしてもらえて、1週間後にトライアルが始まった。3つめのとこも面接の時点では先客がいるので保留と言われたが、ラッキーなことに先客がブッチしたらしく棚ぼた採用。ありがたい。どの店もオーナーとスタッフは日本人。お客様は95%日本人以外だから接客では英語を使うけど、慣れない業務説明を日本語で聞けて日本語で質問できるのは非常に助かるし気が楽。なんとなく「わざわざ海外に来てるのに日本人同士で働くのかあ」みたいなイメージあったけど、お客様に対して英語で接客できるんだから別にいっか。逆に忙しい店でスタッフから英語でやんややんやされたら余計ストレス!今の私の読解力ではおそらくすぐパニくる!むり!と妙に納得している今日このごろ。でも今のうちにここで一旦接客の経験をひととおり積んでおけば、次回日本人のいない現場でもパニくらずに渡り歩けそうな気はする。色々葛藤があったけどなんとかなりそうです。うまくバランスをとりながら、できることから少しずつ、一生懸命働きたいと思います。8月からが本番。