かなぺりー碇泊記 in Perth

ケアンズでの留学を経て西オーストラリアでのワーホリ中。かなぺりーの日々のコヱ

#257-258 休刊日

昨日:晴れ

今日:晴れ

 

昨日も仕事早上がりだった。もうちょっと働きたかった。夜やえちゃんとナイトマーケットとGood fellas行った。アントニオに久々に会えた。

今日はやえちゃんとゆいちゃんとBlack wood riverという田舎町までドライブしに行った。道中の景色もよく、町も小さくて素朴だけど可愛かった。

wifi不調で画像が貼れない。くやしい。

#256 カリフラワー祭り始まる

曇りのち晴れ 25℃

 

今日は全日カリフラワーのパッキングだった。白菜と同じ要領で、包む前に茎をきれいにカットして余計な葉を取って、紙に包んで段ボールに揃えて入れていく。白菜みたいに両手で抱えるほどでもないけど、片手で持つにはちときつい形と重さで、且つ直前まで冷蔵庫に入ってたためヒエヒエで地味に指が痛かった。そして指から来る首背中へのダメージ。これは…慣れだな。規格外ではじいたやつ、持って帰ろうと思って確保してたのに帰り際急いでたから忘れちゃった。週末カリフラワーチーズとスープ作ろ。おいしいよねカリフラワー。味と食感はブロッコリーより好き。

f:id:shironekodow:20180118213806j:image

f:id:shironekodow:20180118213809j:image

f:id:shironekodow:20180118213824j:image

f:id:shironekodow:20180118213851j:image
休憩中に見つけたカエル。同じとこに3時間以上いた。

f:id:shironekodow:20180118213926j:image
帰りの車でリヴァイ(右)がぬるいビールおごってくれた。よっ、太っ腹!ありがとー!

#255 青い

雨のち曇り 27℃

 

今日は午前中パッキング、午後カリフラワーのピッキングをした。少数精鋭だったけど部長がいたおかげでほどよく締まりがあってサクサク進んでいた。ここ数日はピッキングチームのカナダ人男子(名前忘れた)が帰りの運転代わるよと申し出てくれるのでありがたい。ヒヤヒヤするスリル満点の迫力ドライブだけど、しれ〜っと黙って座られているよりずっといい。
帰宅後いつも通りのルーチンで夕ご飯の準備や翌日の支度をしてるところに、マリーとアイシャがふらっとやってきた。仕事紹介してほしい、車貸してほしい、調味料いちから全部揃えるの大変だから貸してほしい、大家さんに掴まると話が長くなるのでめんどくさい、などなんか色々言うてたけども、「あんたら、若いんだからちっとは苦労してごらん」って感じだった。協力してあげたい気持ちは勿論あるけど、はなから「やってくれるよねスタンス」で来られるとちょっと興醒め。もう少し様子見させてもらいます。キャピキャピしながら「一人でさみしかったらいつでも私たちの部屋遊びに来てね、気の置けない友達みたいな感じで接してもらって構わないから!明日夕飯一緒に食べる?ラップ作るよ!2人よりみんなで食べた方が食費が安く済むと思うの!」というありがたいお言葉もいただいたけども。さみしくねーし、むしろ一人にしてほしいし、友達間に合ってるし、ラップは夕飯というより朝か昼だし、おい、ていうか材料費請求するつもりかよ!と思いました。若いね。

#254 恵み

雨 30℃

 

朝6時頃から一日降りっぱなし。相変わらず風がないので霧っぽい雨がシトシト静かに降っている。こちらに来てだいぶ経つけどこんな静かな雨の日は滅多にみない。めずらしくて新鮮。梅雨の苗場みたい。あ…苗場とか言ったら急に親近感。こんなときつくづくパッキングチームで良かったと思う。土砂降りでなくても、雨の日の外作業は気が重たくなるから。今日一日外で作業してたみんな、おつかれっす。明日も雨みたいだけど、よろしくっす。車ん中が雨と泥と汗と食べカスと飲みこぼし等々によりかなりクサイ。自分の車じゃなくてよかったとはいえ、申し訳なくなる汚さ。週末掃除でもするかな…
そういえば昨夜、ドイツ人の若い可愛い女の子ふたりが離れのスタジオルームに突然越して来た。マリーとアイシャ。大家さんとの立ち話を聞いてると、どちらかのお兄ちゃんが約2年前この家にお世話になったらしく、お兄ちゃんに「住むとこ見つからなかったらここ行ってみそ」と言われて来てみたとのこと。お兄ちゃんから通りの名前と「ここら辺」という情報しかもらってなかったらしく、近隣住民に尋ねながら辿り着いたって言ってた。ダーツの旅か。オーストラリアには4日前に到着し、マーガレットには昨日来たばかりで、仮押さえしてたシェアハウスに行ってみたらびっくりするぐらいクソみたいなとこで、慌ててこの家を尋ねた、という経緯。ほんで尋ねて数分もしないうちに、やっぱこっちに住みたいから仮押さえしてたとこキャンセルしてきます、と言って一度いなくなり、そのあとすぐ荷物を持って越してきた。相当やだったんだね、前のとこ。どんな子たちかまだよく分かりませんが当たり障りなく平和に穏やかにお互い過ごせますように。それだけ。

#253 88

曇りのち晴れ 33℃

 

ぐへー暑かったなあ今日は。フェーン現象っぽい蒸し暑さだった。明日雨かも。今朝は新しい人を2人拾った。みんな寝起きだし人見知りしてるしで喋る相手がいなくて行きの車中ちょっと気まずかった。今日はジョアオもいなくて寂しい。ロージーもピッキングに出戻りしたので、つまりパッキングチームはオージー7人と日本人の私1人で構成されている。仕事中特に何を喋るというわけでもなくただ黙々とやっているので、ぶっちゃけ英語力はあまり関係ない。ただ日頃の行いの甲斐あってか、頼られる場面もしばしばあるのでそういうときはとても集中する。私と課長以外の人が早上がりで14時頃帰り、課長はピッキングの終わったブロッコリーを取りにファームに行かねばならず、その間私ひとりで明日の準備をしたり製氷機の見張りと交換を頼まれたりした。何もしないでただ寂しく迎えを待っているよりはるかに良い。空いたパレットを片付けるために、こっそりフォークリフトを運転した。あと休憩室の廊下が声がやたらと響くことに気がついたので、20分位ひとりカラオケしてた。エコー?リバーブ?がすごい。いいとこ見つけちゃった。

ちなみに今日でファームジョブ通算88日目になった。これはつまり、あと1年ビザを延長するための申請ができる資格を得たということ。やったぜ。やっときたぜ。2月になったらちゃっちゃと申請してしまおう。未だイタリアから出られない誰かさんを見習って、ビザが切れたあとに焦って待たなくてもいいようにしておきたい。

f:id:shironekodow:20180115195422j:image

おんじからもらった古代トマト

f:id:shironekodow:20180115195718j:image

スライスするとお花みたいな感じに♡

f:id:shironekodow:20180115195756j:image

同じくおんじから貰った古代バジルと共にカプレーゼにしていただきました。うめかった。

#252 リラックスデー

晴れ 30℃

 

やえちゃんちで見つけたおぼっちゃまくんトマト

f:id:shironekodow:20180114230215j:image

コーヒー淹れてくれてケーキを切ってくれるやえちゃん

f:id:shironekodow:20180114230216j:image

f:id:shironekodow:20180114230343j:image

麦わら帽子のリボンがかわいいおんじ

f:id:shironekodow:20180114230352j:image

大量の野菜に加え、ハーブのポット4つも預かっちゃった

f:id:shironekodow:20180114230356j:image

ともさんの送別会飲み

f:id:shironekodow:20180114230559j:image

f:id:shironekodow:20180114230627j:image

f:id:shironekodow:20180114230756j:image

はしご

f:id:shironekodow:20180114230631j:image

いやー、酔った。良き日曜でした。

#251 実直なほうが美しい

晴れ 32℃

 

朝パッキングシェッドに行ったが今日は詰めるものがないからファームに行ってくれと課長に言われ、ロージー(フランス女子)と渋々ファームに向かい16時半までひたすらブロッコリーを刈ってた。今日は風もあまりなくて日差しもきつく、暑かった。昨日ほとんど働けなかった分、今日はだいぶ頑張ったと思う。帰ってから飲んだビールの旨いこと旨いこと。

f:id:shironekodow:20180113215712j:image

今日で長く働いていた韓国人の女の子が辞めるとのことで、非常にさみしい。あと新潟の同志、ともさんも間もなくビザが切れるので今日で終わり。不真面目なバックパッカーたちもどしどしとクビを切られ、来週からかなり人手不足になりそうな予感。大丈夫かピッキングチーム…広告出せばすぐ人は見つかるんだけど、「勝手に休まない、ちゃんと仕事する、急に辞めない」を守れる人が本当にレアすぎてなかなかみんな続かない。基本のキよね、これ。そんなに難しいことじゃなかろうに、権利ばかり主張して全然言ったとおりに働かない青二才たちがあまりに多すぎて部長たちも疲弊してるようす。「それはそれは、大変ですね…」と言いながら、やんちゃな若者たちを横目に私は寡黙に真面目に働いてたら、いつのまにかちょっとあれこれ意見できちゃう立場になりつつあって若干の戸惑いを隠せない。だってまだ2カ月しか働いてないのに、現場管理の範囲がもはや係長レベルで、なんというか、ただただびっくりですよね。役職手当ほしいくらいよ。

うるせーやつ、やなやつ、めんどくせーやつ、いっぱいいるけど、ジャナ(オランダ人)は好き。あの子は本当に気が効くいい子。あの子にはできるだけ長くいてほしい。あとはクソ。全員ただの猿。童顔だからって舐めてもらっちゃこまるよ。部長に耳打ちするよ。ぜーんぶ見てるし聞いてるよ。