読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなぺりー碇泊記 in Perth

ケアンズでの半年間の留学を終え、今度はワーホリでパースへ来ました。初めて尽くしの日々のコヱ

#2 いざ入寮せむ

■10/1(Sat) 曇り時々雨 28℃

 

今日は学校の寮に入る日。

ホテルで朝食をとり、迎えを待つ。

 

9時半頃、学校のスタッフJanさんの運転でバンが到着。

バスには同じく今日入寮の日本人男性1人が乗っていた。

空港に寄り、フランス人女性1人をピックアップして学校へ。

全員緊張の面持ち。みんな、一緒にがんばろうね。

車で20分くらいか。学校は閑静な住宅街の中にある。

土曜日なので、各々時間は違うが今日から入寮の人が他にもチラホラ。

 

到着後Janさんにカフェテリアと部屋を案内してもらう。

どんなルームメイトと一緒になるのかワクワクしてたのに

開けてみたら誰もいなかった。新しい人来るまで1人。さみしい。

エアコンがちょっとカビ臭いのと冷蔵庫がキムチ臭いのが

気になるけど、そのほか今のところ特に問題無し。

 

12時20分から13時までがランチタイム。

校内のカフェテリアに行く。

主食と副菜とフルーツがワンプレートになってる。

おかわりも自由。パンはご自由にどうぞ。

お水はあるけど、ジュースとかお茶は自販機で買ってねって感じ。

 

同じテーブルにいた日本人女性と申し訳程度の英語で話す。

北海道出身で、1ヶ月前から来てるとのこと。

ルームメイトがいなくてここの勝手がわからないと言うと、

校内や近隣施設のことをいろいろと教えてくれた。ありがたや。

さらに、ランチ後近くのコンビニ的なお店にも一緒に行ってくれた。

日焼け止めとおやつと紅茶のティーバッグを買う。

 

郊外で、しかもコンビニ的なお店なので価格は若干高め。

なので月に何日か車でこぞって街中のスーパーに行く日もあるらしい。

 

f:id:shironekodow:20161001184008j:plain

猛烈な雨の後、猛烈に晴れる

 

夕方、マネージャー(校長?)のタカさんに会う。

実はタカさん、私の親友の彼氏の旧友だそうで。

出発直前に親友の家に遊びに行ったら、これをタカさんに

渡してほしいとその彼氏から手紙を託された。

 

草花の手入れで汗だくのところ恐縮だったけど

サプラ〜イズ!と言いながら手紙を渡したら

その場ですぐ開封して読み、目を丸くして驚いて喜んでくれた。

そりゃ20年前に会った人から手紙がきたらビックリするよねえ

写真も入ってたからすぐに思い出したみたいだよ。

その当時のこと少し話してくれて面白かった。

ミッションコンプリート!

 

明日は中心部に行って足りない生活用品買う。

ないものはルームメイトに借りればいっかと思ってたけど

ルームメイトいないからなあ。仕方あるまい。