読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなぺりー碇泊記 in Perth

ケアンズでの半年間の留学を終え、今度はワーホリでパースへ来ました。初めて尽くしの日々のコヱ

#167 魔のオフロード

◼︎3/29(Wed) 晴れ時々曇り 32℃

 

今日はマリーバにいるお友達とデート。朝の仕事が終わったあと9時に出発し、小一時間運転してお友達の住むキャラバンパークへ。

まず近所のcoffee worksというコーヒー専門店兼チョコレート工場兼お土産屋さんに潜入。

f:id:shironekodow:20170329193858j:image

歩道にコーヒー豆。かわいい。

f:id:shironekodow:20170329193856j:image

バケツ売り

f:id:shironekodow:20170329193911j:image

カウンター

f:id:shironekodow:20170329194002j:image

ブラックとバナナマフィン。マフィンふわっふわで美味しかった。

f:id:shironekodow:20170329194040j:image

f:id:shironekodow:20170329194050j:image

お土産ブースは割とカオス。インドっぽいテイストが多かったかな

f:id:shironekodow:20170329194139j:image

チョコレート工場では着々とイースターの準備が進んでいます

f:id:shironekodow:20170329194211j:image

色んな味のチョコレートが所狭しと棚にぎっしり。買って帰りたいけど車内の温度にきっと耐えられない。

 

ところで今日の目的はコーヒーではない。クリークである。クリークってのは小川とか入江とか支流とかを指すらしい。この友達がこないだエメラルドクリークとかいう滝つぼに行って来たとのことで、とても素敵な場所だからと紹介してもらった。エメラルドクリークの近くにデビッドクリークっていうのもあるけどどっちがいい?と聞かれたので、よくわかんないからどっちも行こうと言ってしまったが最期、その後約2時間ヒーヒー言いながら運転する羽目になる。ちなみにその子はデビッドクリークは行ったことがない。

というのも、そこら辺の道はとにかく舗装が成ってない。割と有名な観光地にも関わらず、酷い仕上がり。赤土と砂利、激しい凸凹だらけの所謂オフロード。舞い上がる砂煙とガタガタと不規則に振動し続ける道はとても居心地が悪い。まじで振動だけで2kgくらい痩せたんちゃうかな。街乗り用のコンパクトカーなのにかなり無理を強いてしまった。ごめんね〜!ごめんね〜!と車に謝りながらの運転。

そして結果から言うと、デビッドクリークには行けなかった。なぜなら道が途中で無くなったから。しどい。ナビにはある道が、実際にはなかった。道、というかフワッとした草むら、だった。目的地まであとちょっとなのに!しどい。今までの運転労力かえして。

気を取直して向かったエメラルドクリークも、行けるはずのとある道がやはり途中で消え失せ、残されたもう一本の道から再度行き直す羽目に。車の動悸が聞こえた気がした。

3度目の正直でやっとこさ着いたエメラルドクリーク。意外だったのが、駐車場に止めてから登山レベルの過酷な岩場を20分弱登らなきゃいけなかったこと。キ、キイテナイヨ!ペナペナのサンダルで登るのを躊躇われるほどのゴリッゴリの岩場だった。歩くというよりほぼクライミング。四足歩行。

f:id:shironekodow:20170329200247j:image

f:id:shironekodow:20170329200304j:image

なんかイマイチやばさが伝わらない写真…でも標高めっちゃ高いです。

f:id:shironekodow:20170329200333j:image

そんなめっちゃ標高高いところにある滝つぼがこちら。

f:id:shironekodow:20170329200435j:image

f:id:shironekodow:20170329200458j:image

冷たくて気持ちよかった。

滝の近くには流れが強くて全然近づけなかった。

f:id:shironekodow:20170329200604j:image

休日は登山客で賑わうらしいけど、平日だったので誰もおらず。滝つぼ貸切でした。しばらく泳いで遊んで、またヒヤヒヤしながら山を下って、オフロードをオラオラしながら運転して帰った。楽しかったけどめっちゃ疲れた。

 

一旦帰宅し、車を洗ってから子どもたちを迎えに行きました。すっげー汚かった車。ごめんね車、ありがとう車。